オーストラリアで聴く&歌うべきカラオケソング10選!+1

 


広告




今回はオーストラリアで聴く&歌うべきカラオケソング10選!である。オーストラリア生活に毎週金曜のパーティーは欠かせない。そして参加する際に知っておくべきなのが、「カラオケソング」と呼ばれる古典的名曲たちである。色々意見はあるだろうが、あえて言わせて欲しい。あなたがどんな人であるのかに関わらず、パーティーに欠席は許されないし、また欠席すべきでもない。「パーティー」という言葉を連呼しているが、僕は決してパーティー野郎ではない。でも、パーティーに参加することでしか学べないことがあり、パーティーでしか近づけない距離があると個人的に思っている。僕は正直に言って、金曜の夜、一晩に最低5回くらいは「帰りたい」と思っていた。本当にくだらないことしか起きない夜が星の数ほどあった。それでも全てのパーティーに参加したことへの後悔は一切無い(病欠2回)。

 

では、パーティで学べることとは何か。それは、「生き方」である。パーティーに参加するとは、あなたの生き方を問われることなのだ。そこにパーティー会場がある。そこに、酒と音楽と人しかいない舞台がある。そこで、あなたが何をするのかが試される。単に飲んだくれてもいいし、ジョークで人を笑わせてもいいし、異性を口説いてもいい。でもそこに、あなたがどう生きているかという、「生き方」が表れる。英語を学ぶとは、単に言葉だけでなく、立ち振る舞いなども含めた生き方それ自体を学ぶことなのだ。それなくして、本当の意味で英語を学ぶことはできない。どれ程くだらなく見えたとしても、全てが勉強だ。無駄なものはこの人生に無い。そして、努力は裏切らない。つまらない恐れやプライドを捨てよう。この世界では、自分を最も危険にさらした人が、最も大きな成果を得るのだ。

 

話を戻そう。パーティーの選曲は誰がDJをやるのかと、参加者の顔ぶれで決まる。ここではどんなパーティーでも(恐らく)流れるであろう名曲を紹介したいと思う。パーティーの参加者はヨーロピアン、特にイギリス人達を想定している。歌詞を覚えれば、英語の勉強にもなるはずだ。

 

1.September – Earth, Wind & Fire(1978)

“Do you remember the 21st night of September? Love was changing the minds of pretenders while chasing the clouds away.”

“Ba de ya – say do you remember, Ba de ya – dancing in September, Ba de ya – never was a cloudy day.”

 

2.December, 1963 (Oh, What a Night) -Frankie Valli & The Four Seasons(1975)

“Oh, what a night, late December, back in ’63. What a very special time for me.  As I remember, what a night.”

“Oh, what a night. You know, I didn’t even know her name. But I was never gonna be the same. What a lady, what a night.”

 

3.Ain’t no Mountain High Enough – Marvin Gaye, Tammi Terrell(1967)

“Listen baby, ain’t no mountain high, ain’t no valley low, ain’t no river wide enough baby. If you need me call me, no matter where you are, no matter how far; don’t worry baby. Just call my name; I’ll be there in a hurry. You don’t have to worry.”
“Oh baby there ain’t no mountain high enough, ain’t no valley low enough, ain’t no river wide enough, to keep me from getting to you babe”

 

4.Theme From New York, New York – Frank Sinatra(1977)

“Start spreading the news. I am leaving today. I want to be a part of it, New York, New York.”

“If I can make it there, I’ll make it anywhere. It’s up to you, New York, New York”

 

5.Brown Eyed Girl – Van Morrison(1967)

“So hard to find my way, now that I’m all on my own. I saw you just the other day, my, how you have grown! Cast my memory back there, Lord, sometime I’m overcome thinking about making love in the green grass behind the stadium with you, my brown-eyed girl, you, my brown-eyed girl.”

 

6.Never Too Much – Luther Vandross(1981)

“Oh, my love, thousand kisses from you is never too much. I just don’t wanna stop. Oh, my love. A million days in your arms is never too much. I just don’t wanna stop. Too much, never too much, never too much, never too much.”

 

7.Dancing in the Moonlight – Toploader(1999)

“Dancing in the moonlight. Everybody’s feeling warm and bright. It’s such a fine and natural sight. Everybody’s dancing in the moonlight.”

 

8.My Girl – The Temptations(1964)

“I’ve got sunshine on a cloudy day. When it’s cold outside I’ve got the month of May.”

“I guess you’d say, what can make me feel this way? My girl (my girl, my girl), talkin’ ‘bout my girl (my girl).”

 

9.Uptown Girl – Billy Joel(1986)

“I’m gonna try for an uptown girl. She’s been living in her white bread world
As long as anyone with hot blood can and now she’s looking for a downtown man.
That’s what I am.”

 

10.Lost In Music – Sister Sledge(1979)

“We’re lost in music. Caught in a trap. No turnin’ back. We’re lost in music.

We’re lost in music. Feel so alive. I quit my nine to five. We’re lost in music.”

 

日本で歌謡曲が好きな若い人がいるように、古くても良いものなら好きという人が多くいる。オーストラリアで生活すれば、これらの曲はどこかで必ず耳にすることになるだろうと思う。それと、最後にもう1つ、比較的新しい曲を紹介したい。Craig Davidの「7 Days」である。彼は欧米の80年代半ば~90年代半ば生まれの世代にとって、最高のスターの一人だと思う。彼はこの曲を含むアルバム「Born to Do It」(2000年)を作るために生まれてきたといって過言ではない。将来的には、誰もが歴史的傑作だと断言するようになるに違いないと、僕は勝手に確信している。必ず歌詞を見ないで歌えるようにしておくこと!

 

7 Days – Craig David

“On my way to see my friends who lived a couple blocks away from me (owh)
As I walked through the subway, it must have been about quarter past three.
In front of me, stood a beautiful honey with a beautiful body, She asked me for the time.
I said it’d cost her her name, a six digit number & a date with me tomorrow at nine.”

 

以上で、10曲+1である。この11曲が流れても盛り上がらないパーティー会場からは、即刻立ち去るべきだ。ちなみに曲が多すぎて、ここでは全てを紹介しきれなかった。僕のSpotifyプレイリスト「Get stuck in, son!」には約100曲あるから、ぜひそちらもチェックして欲しい。それと、もし参考になったらでいいので、広告クリックをお願いします(買わなくていいので)!
広告